ビタミンKの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンKの効果・副作用・摂取量

ビタミンKとは

ビタミンKはフィロキノンといわれるビタミンK1とメナキノンといわれるビタミンK2の二種類があります。
ビタミンKの効果と役割は血液の凝固とカルシウムの代謝を調整することです。

血液が固まるためには、肝臓において合成される血液凝固因子というものが必要になります。
この血液凝固因子のおかげで、出血した場合でも血液は固まるようになります。
血液凝固因子をつくりだす過程において、重要な役割を担っているのがビタミンKです。

カルシウムの代謝に関わり、カルシウムを吸収するためにもビタミンKが必要です。
カルシウムが骨に吸収されるのを助けるタンパク質の合成にビタミンKが必要とされるのです。
そのため、ビタミンK不足が原因でカルシウムをうまく取り込めなくなり、骨がもろくなることがあります。

ビタミンKは食事から得ることができますが、腸内細菌によって体内で合成されるビタミンです。
そのため、医師から指示があった場合などを除いてサプリメントでとる必要がないビタミンでもあります。

ビタミンKは血液を固まりやすくする働きがありますから、逆にビタミンEのように血液を流れやすくするサプリメントがビタミンKの働きを邪魔することがあります。
そのため、ビタミンKを処方された場合はビタミンEはとるべきではありません。

ビタミンKには美肌効果もあります。
ビタミンKは毛細血管のダメージをやわらげ、アザを薄くする効果があります。紫外線で傷んだ肌をメンテナンスするためにもビタミンKが使用されます。
ビタミンKというと、血液凝固作用ばかりに目がいきますが、美肌効果をウリにした化粧品に含まれているだけでなく、皮膚科では目の下のクマを薄くするためにも処方されることがあります。

ビタミンKの効果

  • カルシウムの吸収をたすけて骨を丈夫にする
  • 血液を凝固する

ビタミンKを多めにとるべき場合

抗生物質をのんでいる

ビタミンKは腸内細菌によって合成されるビタミンであるため、抗生物質により腸内細菌の活動が弱まった場合に不足することがあります。
ただし、数日間抗生物質をのんだぐらいでは問題ありません。

骨を丈夫にしたい

ビタミンKはビタミンDとともにカルシウムを吸収する過程で必要なビタミンです。
そのため、ビタミンK不足が骨粗鬆症の原因になることがあります。