ビタミンB6の効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンB6の効果・副作用・摂取量

ビタミンB6とは

ビタミンB6はビタミンBの一種で、ピリドキシンといわれているものです。
ビタミンB6のおもな働きはタンパク質の代謝をスムーズに行うことと、抗体を作り免疫力をたかめること、肌の健康を保つ、神経の正常な働きをたすけるなどが挙げられます。

ビタミンBはビタミンB2のように肌の健康を守る働きを持つものが多くありますが、ビタミンB6も関連があります。
ビタミンB6の不足が口内炎、口唇炎などの原因になることがあります。
市販されている肌の調子を整えるサプリメントにはビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンBとともにビタミンB6が含まれているのは、ビタミンB6自体に肌の健康を整える効果があることに加えて、ビタミンBどうしが協力することで、より効果があるからです。

ビタミンB6の代表的な働きはタンパク質の代謝です。
通常は気にすることはありませんが、タンパク質の摂取が多い人はビタミンB6が多めに必要です。
これは例えば、筋肉増強のためにプロテインを飲んでいるような場合が該当します。

ビタミンB6の効果

  • タンパク質の代謝にかかわる
  • 肌の健康をまもる
  • 神経の正常な働きをたすける

ビタミンB6を多めにとるべき場合

肌の調子が悪い

ビタミンB6不足が肌の調子を悪くする原因になります。
肌の調子が悪くなる原因はビタミンB6不足だけではなく、他のビタミンBが不足することも原因となります。

口内炎、口唇炎ができやすい

ビタミンB不足は口内炎や口唇炎の原因の一つです。
口内炎の原因となるのは必ずしもビタミン不足というわけではないのですが、主要な原因となっています。

手足のしびれ、足のひきつり

神経の正常な働きをサポートするためにビタミンB6が必要です。
そのため神経炎などにビタミンB6が処方されることがあります。
不足した場合は手足のしびれや足のひきつりがおこることがあります。

タンパク質の摂取量が多い

通常の食事では気にするほどのことではありませんが、タンパク質の摂取量が多い人はビタミンB6の消費量も増加します。