ビタミンB2の効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンB2の効果・副作用・摂取量

ビタミンB2とは

ビタミンB2はビタミンBの一種で、リボフラビンといわれているものです。
ビタミンB2の働きはおもに肌、粘膜、爪、髪を健康にたもつこと、脂質の代謝促進です。

口内炎の治療薬としてビタミンB2製剤が発売されていますが、これはビタミンB2不足が口内炎の原因となることがあるためです。
口内炎にかぎらずビタミンB2は健康な肌と粘膜をたもつ働きがありますから、不足した場合は肌と粘膜に悪影響が現れてきます。

なかでも過酸化脂質から体を守る働きは重要です。
過酸化脂質とは活性酸素により酸化した脂肪のことで、動脈硬化を引き起こす原因であり、老化を促進します。
ビタミンB2は動脈硬化や脳卒中の原因となる過酸化脂質の分解する効果があります。

ビタミンB2の効果

  • 肌、粘膜、爪、髪の健康を守る
  • 脂質を代謝を促進する
  • 疲労回復過酸化脂質から体を守る

ビタミンB2を多めにとるべき場合

肉や乳製品などの動物性食品を食べない

ビタミンB2はおもに動物性食品に多く含まれているため、菜食主義者の人は不足しやすいビタミンです。

口内炎や口舌炎などの症状があらわれた場合

ビタミンB2不足が原因の場合にはサプリメントが有効です。 ただし、口内炎の原因は必ずしもビタミン不足によるわけではありません。

肌荒れが気になるとき

ビタミンB2が不足すると肌荒れの症状があらわれやすくなります。