ビタミンBの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンBの効果・副作用・摂取量

ビタミンBの種類

ビタミンBは種類が多く、下記がビタミンBとして認められているものです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • ビオチン
  • イノシトール
  • コリン
  • PABA

ビタミンBのおもな効果と働き

ビタミンBの効果と働きはひとつではなく多岐にわたります。 いくつもの働きの中で、おもなものは下記になります。

  • 炭水化物の代謝
  • タンパク質の代謝
  • 脂肪の代謝
  • 神経の正常な働きをサポート
  • 疲労回復
  • 抗ストレス効果

ビタミンBによる栄養素の代謝

炭水化物、タンパク質、脂肪は食品を構成している主な栄養素ですが、これらの栄養素が代謝されないということは、生きていくために必要な栄養を分解吸収できないということです。
このような代謝をサポートするために必要なのがビタミンBです。

ビタミンBの疲労回復効果

市販されている強壮剤や栄養ドリンクには、ビタミンBが必ずといっていいほど含まれています。
食品から得られた栄養素の代謝をサポートし、エネルギーとすることで疲労回復効果につながるためビタミンBが含まれているのです。

ビタミンBの抗ストレス効果

神経の働きをサポートするのもビタミンBの役割です。
ビタミンBの働きは精神にも影響を及ぼしており、そのアンバランスや不足が「元気がでない」、「気持が落ち込む」などの精神的な問題の原因になりえます。

理想的なビタミンBの摂り方

ビタミンBの特徴として、それぞれのビタミンBが協力しながら働くという性質があります。
この性質はビタミンBサプリメントを利用する際に重要です。
単一のビタミンBのみを多量にとることは好ましいことではありません。
ビタミンBは協力して働く性質があるため、単一のビタミンBのみが多量にあると、他のビタミンBが多量にあるビタミンBに合わせて激減します。
ビタミンBのサプリメントはすべてのビタミンBを含んだビタミンBコンプレックスの他にそれぞれのビタミンB単体のものなど多数販売されていますが、上記の理由によりビタミンBコンプレックスで摂ることが最も効率的です。

ビタミンBを多く必要なタイプの人

ビタミンBの効果と働きから考えて、ビタミンBを多く必要な人とは、たとえば「体力や気力が必要な仕事をしており、肉体的および精神的に疲れやすい環境にあり、忙しい人」ということになります。