ビタミンAとベータカロチンの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンAとベータカロチンの効果・副作用・摂取量

ビタミンAとは

ビタミンAといわれているものは、レチノールとベータカロチンの二種類が存在しています。
レチノールはビタミンAの化学名であり、ビタミンAそのものを指していますが、ベータカロチンは厳密にはビタミンAではありません。
ベータカロチンは体内でビタミンAに変化する性質をもつプロビタミンAというものです。
ベータカロチンは必要な分だけがビタミンAへ変化して残りのベータカロチンは抗酸化物質として働くことで、体を老化から守ります。

ビタミンAの効果や働きはおもに眼と肌に関することが多くあります。
眼に関する効果は夜盲症を防ぐことが有名です。
夜盲症とは暗い場所で物が見えづらくなる病気で、鳥目ともいわれている病気です。
夜盲症の原因はビタミンA不足ですので、ビタミンAを十分にとることで回復が望めます。
そして、眼の感光色素をつくるためにもビタミンAを必要としているため、ビタミンA不足が視力低下の原因になりえます。

ビタミンAがニキビの治療や肌のしわを減らすために美容外科や皮膚科で処方される場合があります。
ビタミンAは肌を丈夫にし、やわらかくなめらかにする効果があるためです。
一般的にレチノールクリームという製品名のものですが、濃度を薄くしたものは化粧品や市販薬にも含まれています。

呼吸器や喉の粘膜の強化もビタミンAの働きの代表的なものです。
呼吸器や喉の粘膜が弱くなることで、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
ビタミンAが風邪の予防や回復に効果があるといわれているのは、このためです。

ビタミンAの効果

  • 夜盲症をふせぐ
  • 視力低下をふせぐ
  • 呼吸器や喉の粘膜を強化して感染から守る
  • ニキビを軽減する
  • 皮膚の傷の回復を助ける

ビタミンAを多めにとるべき場合

眼の健康を保ちたい

眼の感光色素をつくるビタミンAは視力低下をふせぐために重要なビタミンです。

肌の健康をまもる

美容外科や皮膚科ではシワの軽減やニキビの治療にビタミンAを含んだレチノールクリームを使用しています。
レチノールクリームは外用薬ですが、ビタミンAサプリメントを飲むことも効果があります。

風邪をひきやすい

ビタミンAは粘膜を強化して感染からまもる効果があります。

ビタミンAの副作用

ビタミンAは油に溶ける性質があるため、脂溶性ビタミンといわれています。
脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違いは体に蓄積するかしないかです。
水溶性ビタミンの場合、多く摂り過ぎても汗や尿とともに体の外へ出て行ってしまうため蓄積することがありません。
対して脂溶性ビタミンは体内に蓄積します。そのため、あまり多くの量が蓄積してしまうと過剰症になる可能性があります。
ビタミンAの場合は吐き気、下痢、頭痛などの症状があらわれることがあります。このような理由から、ビタミンAは毎日とる必要がないビタミンです。

ビタミンAをレチノールの形でとるのではなく、ベータカロチンの形でとる場合は過剰症の心配がなく安全です。
ベータカロチンは必要な分のみがビタミンAへ変化するため、過剰になることはないからです。
しかも余ったベータカロチンは抗酸化作用があるため体の老化防止効果が期待できます。
このような理由からベータカロチンの形の方が好ましいといえます。