ビタミンの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ビタミンの効果・副作用・摂取量

ビタミンB1の効果・副作用・摂取量

ビタミンB1とは ビタミンB1はビタミンBの一種で、チアミンとよばれているものです。 ビタミンB1は疲労回復効果が有名ですが、脚気という病気に深い関連があることもよく知られています。 脚気とは手足のしびれや歩行困難などの症状があらわれる病気で、ビタミンB1...

ビタミンB2の効果・副作用・摂取量

ビタミンB2とは ビタミンB2はビタミンBの一種で、リボフラビンといわれているものです。 ビタミンB2の働きはおもに肌、粘膜、爪、髪を健康にたもつこと、脂質の代謝促進です。 口内炎の治療薬としてビタミンB2製剤が発売されていますが、これはビタミンB2不足が...

ナイアシンの効果・副作用・摂取量

ナイアシンとは ナイアシンはビタミンBの一種であり、ビタミンB3、ニコチン酸ともいわれているものです。 ニコチン酸という名称であるため、タバコに含まれている毒物であるニコチンを想像する方が多いのですが、ニコチン酸とニコチンは関係ありません。 たがいに...

パントテン酸の効果・副作用・摂取量

パントテン酸とは パントテン酸はビタミンBの一種で、ビタミンB5ともいわれるものです。 パントテン酸はいろいろな食品にふくまれているため、ほとんど不足する心配がないビタミンといわれています。 しかもパントテン酸はいろいろな食品にふくまれているだけでは...

ビタミンB6の効果・副作用・摂取量

ビタミンB6とは ビタミンB6はビタミンBの一種で、ピリドキシンといわれているものです。 ビタミンB6のおもな働きはタンパク質の代謝をスムーズに行うことと、抗体を作り免疫力をたかめること、肌の健康を保つ、神経の正常な働きをたすけるなどが挙げられます。 ...

ビタミンB12の効果・副作用・摂取量

ビタミンB12とは ビタミンB12はビタミンBの一種で、コバラミンといわれているものです。 神経の正常な働きに不可欠なビタミンで、神経痛を軽減する医薬品にはビタミンB12が含まれていることが多くあります。 医師が処方するメチコバールという医薬品は「神経の働...

葉酸の効果と働きについて

葉酸とは 葉酸はビタミンBの一種ですが、ビタミンMやプテロイルグルタミン酸ともいわれているものです。 葉酸は一般的に妊娠時には不足しやすいビタミンとしてしられています。 ビタミンB12の説明において、ビタミンB12は赤血球をつくるプロセスにかかわっている...

ビオチンの効果・副作用・摂取量

ビオチンとは ビオチンはビタミンBの一種です。 ビタミンBのグループですがビタミンHといわれることもあります。 ビオチンは肌の調子を整える、髪を健康にたもつために必要なビタミンとして認識されています。 しかし、ビオチンのおもな働きは脂肪とタンパク質の...

イノシトールの効果・副作用・摂取量

イノシトールとは イノシトールとはホスファチジルイノシトールともいわれているビタミンBの一種です。 イノシトールはコリン(ホスファチジルコリン)と同じように、脂肪肝をふせぐ働きがあります。 脂肪肝とは中性脂肪が肝臓に過度に蓄積してしまう病気のこと...

コリンの効果・副作用・摂取量

コリンとは コリンとはホスファチジルコリンともいわれているビタミンBの一種です。 コリンは同じビタミンBの一種であるイノシトールとの関連性が強いリン脂質です。 イノシトールは抗脂肪肝ビタミンといわれているもので、肝臓に中性脂肪が蓄積するのをふせぐ効...

PABA(パラアミノ安息香酸)の効果・副作用・摂取量

PABA(パラアミノ安息香酸)とは PABAとはビタミンBの一種とされていますが、あまり詳細がわかっていないビタミンです。 そしてPABAは葉酸を作る素となり、体内で合成することができるものです。 PABAはビタミンBの一種とされる場合もありますが、現在では必ず...

ビタミンBの効果・副作用・摂取量

ビタミンBの種類 ビタミンBは種類が多く、下記がビタミンBとして認められているものです。 ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン パントテン酸 ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 ビオチン イノシトール コリン PABA ビタミンBのおもな効果と働き ビタミン...

ビタミンAとベータカロチンの効果・副作用・摂取量

ビタミンAとは ビタミンAといわれているものは、レチノールとベータカロチンの二種類が存在しています。 レチノールはビタミンAの化学名であり、ビタミンAそのものを指していますが、ベータカロチンは厳密にはビタミンAではありません。 ベータカロチンは体...

ビタミンCの効果・副作用・摂取量

ビタミンCとは アスコルビン酸ともいわれるビタミンCは世界で最も多く販売されているサプリメントの一つです。 ビタミンCの効果と働きは多岐にわたります。 ビタミンCは壊血病というビタミンC不足が招く病気にならないために必要といわれてきましたが、今日では数...

ビタミンDの効果・副作用・摂取量

ビタミンDとは ビタミンDはカルシフェロールといわれる脂溶性のビタミンです。 ビタミンDは食事から得られる他に、太陽の紫外線を浴びることでも体内で合成することができます。 ビタミンDのおもな効果と働きはカルシウムと密接な関係があります。 骨や歯を形...

ビタミンEの効果・副作用・摂取量

ビタミンEとは ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの二種類が存在しています。 長らくビタミンEといえばトコフェロールのことを指しており、ビタミンEのサプリメントもトコフェロールが含まれているものでした。 しかし近年になって、もうひとつのビタ...

ビタミンKの効果・副作用・摂取量

ビタミンKとは ビタミンKはフィロキノンといわれるビタミンK1とメナキノンといわれるビタミンK2の二種類があります。 ビタミンKの効果と役割は血液の凝固とカルシウムの代謝を調整することです。 血液が固まるためには、肝臓において合成される血液凝固因子とい...

葉酸の効果・副作用・摂取量

葉酸の概要 葉酸は水溶性であるビタミンBの一種です。 アメリカにおいて、1998年から葉酸はコールドシリアル、小麦粉、パン、パスタ、クッキー、クラッカーに人工的に加えられてきました。 基本的に葉酸は不足しやすいビタミンで、熱を加えたり、水に浸したりな...