クロムの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

クロムの効果・副作用・摂取量

クロムの概要

クロムはミネラルの一種です。
極めてわずかな量のクロムが人間の健康に必要であるため、クロムは「必須微量元素」といわれます。

クロムは糖尿病前症、1型糖尿病患者と2型糖尿病患者、ステロイドを摂っているために高血糖である人の血糖コントロールを改善するために使用されます。

またクロムは、うつ病、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、そしてベータ遮断薬といわれる心臓の薬を服用している人の悪性コレステロールを下げて、良性コレステロールを上げるために使用されます。

筋肉を増やし、体脂肪を減らし、減量を含めた身体状態のためにクロムを使用する人もいます。
またクロムは運動競技のパフォーマンスを改善し、エネルギーを増やすために使用されます。

クロムは1790年代後期にフランスで発見されました。
しかし、クロムが重要な微量元素であると見なされるまでに、1960年代までかかりました。

クロムの効果

  • 私たちの体がインシュリンを使用する方法を改善することによって、クロムは血糖値を正常化するのを助けるかもしれません。
  • クロムは、筋肉量を増やし、脂肪を減らす効果があるため、減量に役立つかもしれません。

クロムの副作用と安全性

  • 適切に6ヶ月以下使用する場合、おそらく、クロムはほとんどの大人に安全です。
  • より長い期間使用する場合でも、おそらく、クロムはほとんどの人のために安全です。
  • まれに皮膚のかぶれ、頭痛、めまい、吐き気、情緒の変化、思考障害、判断力の低下、協調性の低下のような副作用をおこす場合があります。
  • クロムの高用量は、血液疾患、肝臓や腎臓のダメージ、その他の問題をふくめた重大な副作用に関係していました。
    しかし、クロムが本当にこれらの副作用を引き起こすかどうかは、はっきりと知られていません。
  • クロムに関する特別な注意と警告

    妊娠中や母乳哺育中

    妊娠中と母乳哺育中に、適切な摂取量かそれ以下を摂る場合、クロムはおそらく安全です。
    しかし、妊娠中あるいは母乳哺育中に、医療従事者からクロムを摂るようにアドバイスされていない場合は、クロムサプリメントを摂るべきではありません。

    腎臓障害

    クロミウムピコリネート(クロムサプリメントの一般的な形式)を摂っている人が腎臓障害を起こしたという、少なくとも3件の報告があります。
    腎臓に疾患がある場合は、クロムサプリメントを摂らないでください。

    肝臓障害

    クロミウムピコリネート(クロムサプリメントの代表的な形式)を摂っている人が肝臓障害を起こしたという、少なくとも3件の報告があります。
    肝臓に疾患がある場合は、クロムサプリメントを摂らないでください。

    糖尿病

    糖尿病治療薬を服用している場合、クロムは血糖値を下げすぎることがあります。
    糖尿病である場合は、注意深くクロムサプリメントを使用して、しっかりと血糖値をモニタしてください。
    糖尿病治療薬の量を調整することも必要かもしれません。

    クロム酸塩/革アレルギー

    クロム酸塩や革に対してアレルギーがある人に、クロムサプリメントはアレルギー反応を引き起こすかもしれません。
    症状は、皮膚の赤さ、腫れ、落屑などです。

    うつ病、不安症、精神分裂症のような精神疾患

    クロムは脳内化学物質に影響を及ぼし、精神的なコンディションを悪化させるかもしれません。
    これらの疾患がある場合は、注意深くクロムサプリメントを使用してください。
    そして、クロムサプリメントを摂っていて感じた、どのような変化にも注意を払ってください。

    クロムの服用量

    以下の用量は、科学的に研究されています。

    • 2型糖尿病:200mcgから1000mcgを分割して、毎日。
    • クロムの安全かつ許容上限摂取レベルは知られていません。
      しかし、クロムの毎日の摂取レベルが確立されています。
    • 幼児 0ヶ月から6ヶ月: 0.2mcg、7ヶ月から12ヶ月:5.5mcg
    • 子供 1歳から3歳:11mcg 4歳から8歳:15mcg
    • 男の子 9歳から13歳:25mcg
    • 男性 14歳から50歳:35mcg 51歳以上:30mcg
    • 女の子 9歳から13歳:21mcg
    • 女性 14歳から18歳:24mcg 19歳から50歳:25mcg 51歳以上:20mcg