バレリアンの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

バレリアンの効果・副作用・摂取量

バレリアンとは

バレリアンは不眠症を解消するためのハーブとして利用されています。
バレリアン単独でも使用されますが、ホップやメリッサなどの睡眠誘導効果がある他のハーブと一緒に利用されることもあります。

バレリアンは古くから民間レベルにおいても不眠症の解消に使われてきましたが、効果の面では一般的な睡眠薬には劣ります。
そのため、一般的な睡眠薬を利用している人が睡眠薬の利用をやめるときに穏やかな効果があるバレリアンに切り替えるという使い方もされています。

バレリアンは一般的に眠りを誘う効果が注目されていますが、同じく神経性喘息、ヒステリックな状態、興奮性、憂うつ症、頭痛と胃失調を含めて心配性と精神的ストレスに関係した状態のために使われます。

バレリアンの注意点

バレリアンは一般的な睡眠薬のような強い作用はなく、効果が即座に現れるわけではありません。
効果が現れるまで、数日かかる場合があるようです。
短期間の使用ならば、バレリアンはおそらく安全とされていますが、長期的な使用はまだはっきりとわかっていません。
穏やかに作用するバレリアンですが、人によっては急激に眠気を感じることがあります。
そのため、車の運転前にはバレリアンの利用は控えたほうが無難です。
お酒に含まれているアルコールとバレリアンは相互に作用します。
アルコールと合わせてバレリアンを摂ると、急激な眠気に襲われるなど強く作用してしまうことがあります。
他の睡眠薬を利用している場合も相互作用の危険があります。
バレリアンを他の睡眠薬とあわせて利用することは、思ってもみない強い作用に見舞われることがあるため、危険な行為です。

バレリアンの効果

  • 不眠症の解消効果
  • 不安症などの精神的ストレスの緩和

バレリアンを利用するケース

眠れない

不眠症に利用するのがもっとも多いバレリアンの使い方です。
ベッドに入る一時間ほど前にバレリアンを服用します。

眠りが浅い

不眠症ではなくとも眠りが浅いという人は多いようです。
心配事やストレスで眠りが浅くなると、体の疲れが蓄積していくため、悪循環です。
精神的ストレスの緩和と合わせて、睡眠を調整するためにバレリアンが利用できます。