ペパーミントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ペパーミントの効果・副作用・摂取量

ペパーミントの概要

ペパーミントは、独特な清涼感があるハーブです。
ペパーミントの清涼感は料理や飲み物の風味付けによく利用されています。
美味しい味であることから、ハーブティーとしてもよく利用され、数多くあるハーブの中で屈指の知名度があります。
ペパーミントは飲食物だけでなく、石鹸や化粧品の香料として、そしてアロマセラピーでも利用されています。

ペパーミントをスッキリとした味のあるハーブティーとして利用することは多いのですが、重要な薬効を持つハーブとして利用することは多くありません。
しかし、意外なほど多くの利用法があります。

ペパーミントは、胃を刺激して消化を促進します。
合わせて、胸焼けや吐き気を抑えて、頭痛も軽減します。

ペパーミントのサプリメントは、胃を刺激しすぎないように溶解時間を調整したエンテリックコーティングという特別なカプセルに含まれており、徐々に吸収されるようになっています。
こうしたペパーミントサプリメントのほうが効果的であると思いますが、ペパーミントの味を楽しむことができるペパーミントティーも食べ過ぎて気分が悪くなったときや吐き気がするときに備えて、常備しておく価値があると思います。

ペパーミントのサプリメントやハーブティーを購入せずに、自分で育てることも可能です。
ペパーミントは種をまくだけで簡単に育ちます。
育て方のコツなどを考えなくても勝手に増えてくれるのがペパーミントです。
乾燥していない生のペパーミントの葉を使用したペパーミントティーは、ティーバッグよりも格別な味がするのでおすすめです。

ペパーミントの効果

  • 胃をリラックスさせて、腹痛を軽減する。
  • 消化を促進する。
  • 胸焼け、吐き気を軽減する。
  • 頭痛を軽減する。
  • ペパーミントオイルの香りを嗅ぐことは、咳を抑え、呼吸器の感染を防ぐ。
  • 軽い鎮静効果があり、不眠や神経衰弱を軽減する。

ペパーミントの用途や特記事項

  • 胸やけ、吐き気、過敏性腸症候群(IBS)、胃のむかつき、消化不良に使用されます。
  • 副作用のない頭痛薬として使用されます。
    この場合、十分に濃いペパーミントティーを飲むことと合わせて、ペパーミントオイルをこめかみに塗ってマッサージします。
  • 咳をはじめとした風邪の症状を軽減するために、使用されます。
    この場合、ディフューザーでペパーミントオイルの香りを嗅ぎます。
    同じように、呼吸器の感染に使用されます。
  • バレリアンやパッションフラワーのように強くはありませんが、鎮静効果があるため、軽度の不眠などに使用されます。

ペパーミントの副作用と安全性

  • 食品に含まれていることもあるペパーミントは、多くの場合安全です。
  • ペパーミントオイルを肌に直接塗ることは、かぶれや炎症の原因になることがあります。
    アーモンドオイルのようなキャリアオイルでペパーミントオイルを薄めて利用する場合は、多くの場合安全です。
    ただし、アロマセラピーで使用するペパーミントオイルは飲用してはいけません。
    サプリメントとして販売されているペパーミントオイルとアロマセラピーで利用されるペパーミントオイルは別物と考えるべきです。
    アロマセラピーで使用するペパーミントオイルは、他の成分を含むこともあり、飲用することを目的に考えられていません。

ペパーミントに関する特別な注意と警告

妊娠中や母乳哺育中

妊娠中や母乳哺育中におけるペパーミントの使用は、通常量である場合はおそらく安全です。
しかし、多量に使用した場合の影響については、十分にわかっていません。
妊娠中や母乳哺育中である場合は、製品ラベルの指示を十分に確認して下さい。

胃酸欠乏症

ペパーミントサプリメントは、通常、エンテリックコーティングという脂溶性カプセルに入っています。
エンテリックコーティングは、体内でカプセルが溶ける時間を調整するための特別な仕組みです。 胃酸欠乏症の場合、カプセルが早く溶けすぎてしまう可能性があります。

下痢

下痢を起こしている場合、ペパーミントは肛門の炎症を起こす可能性があります。

ペパーミントの服用量

以下の用量は科学的に研究されています。

胃のむかつきや不快感、消化不良

脂溶性ペパーミントサプリメントを製品ラベルの指示に従って摂ります。

緊張性頭痛

キャリアオイルで10%の濃度に調整したペパーミントオイルをこめかみに塗って、マッサージします。
合わせて濃いペパーミントティーを飲みます。