マカの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

マカの効果・副作用・摂取量

マカの概要

マカは、アンデス山脈の標高の高い高原に自生するハーブです。
ペルーでは、少なくとも3000年間、マカを野菜として耕作してきました。
マカはダイコンの親類でバタースコッチのような香りがします。

マカにはアミノ酸、カルシウム、亜鉛、ビタミンが豊富に含まれており、強壮剤としての別の一面も持っています。
そのため、アンデスの人々はマカを栄養がある野菜というだけではなく、「アンデスの秘宝」と呼び、体の強化、疲労回復、ストレスに対する抵抗力を強化することなどに利用しています。

日本ではマカを野菜として食することなど、まずありませんが、アンデスの人々にとっては重要な栄養源になっています。
強壮効果があるという特徴から例えて言うならば、日本人にとってのニンニクのような位置づけでしょうか。

マカというと、強壮剤としてのイメージが強いハーブですが、受精能力を高める効果があるとされています。
受精能力を高める効果があるため、不妊症の治療に長い間利用されてきました。
ただ、マカが本当に受精能力を高める効果があるのかについては科学的に立証されていないようです。

マカの効果

  • エネルギーを高める。
  • スタミナをつける。
  • 運動能力を向上する。
  • 記憶力を強化する。
  • 受精能力を高める。

マカの用途や特記事項

  • マカは貧血の改善、慢性疲労症候群、そしてエネルギー、スタミナ、運動能力、記憶力、受精能力を高めるために使用されます。
  • 女性は、女性ホルモンの乱れ、月経の障害、更年期障害にマカを使用します。
  • 骨粗鬆症、うつ病、男女ともの性欲低下、免疫システムの強化に使用されます。
  • マカチチャといれれる発酵飲料を作るために使用されます。
  • 家畜の受精能力を高めるために使用されます。

マカの副作用と安全性

マカは安全性が高く、おそらく殆どの人に安全です。最高3カ月(毎日最高3グラム)をサプリメントで摂った場合でも、マカはおそらく安全です。

マカに関する特別な注意と警告

妊娠中や母乳哺育中

妊娠中と母乳哺育中におけるマカの使用については、ほとんど知られていません。大事をとり、使用しないでください。

マカの服用量

以下の用量は科学的に研究されています。

性欲低下

1日あたり、1500mgから3000mgのマカを3回に分割して摂ります。

その他の利用

製品ラベルの指示に従ってください。
マカは野菜として食されているぐらいなので、安全性は高いとされています。
しかし、これは必ずしも万人に当てはまることではありません。
体調が悪化する場合などは、マカの使用を中止してください。