エキナセアの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

エキナセアの効果・副作用・摂取量

エキナセアの概要

風邪が流行る季節になると注目されるのがエキナセアです。

エキナセアは免疫機能を強化する効果があるハーブで、欧米では特にポピュラーなサプリメントです。
エキナセアは、特に風邪の初期に効果があります。
どちらかというと、風邪の症状が激しくなってからではなく、風邪の症状が出始めたときに、それ以上風邪の症状が進行しないように摂るという使われ方をしています。
風邪の初期にエキナセアを摂るほうが効果的ですが、風邪が進行してからでももちろん有効です。

エキナセアはもともと北米原産のハーブで、ネイティブアメリカンはありとあらゆる感染症にエキナセアを利用していました。
風邪以外にも、傷口の殺菌、喉の痛み、歯茎の腫れなどにエキナセアを利用していました。
ただ、現在ではほとんど風邪に対して効果があるサプリメントとして、エキナセアは知られるようになっています。

エキナセアはいくつかの種類があり、それぞれのエキナセアが少し異なった方法で作用します。
そして、中でもエキナセアプルプレアが最も効果があるとされています。
サプリメントとして利用されているエキナセアもエキナセアプルプレアが多いようです。

エキナセアは単体のサプリメントとして利用できますが、エルダーベリーやゴールデンシールなどの抗ウイルス性があるハーブと組み合わせて使用されることもあります。
実際に、製品化されている風邪対策用サプリメントは、エキナセアを中心に他の成分を組み合わせている場合がほとんどです。

エキナセアが風邪に効果があるということはよく知られていますが、風邪をひくのを防ぐ効果があるかどうかは定かではありません。
あくまでも、風邪をひいた後に効果を発揮するということが、研究結果として公表されています。

エキナセアは免疫機能を強化するとされていますが、日頃から摂るものではありません。
風邪をひいた時などに摂ることで、一時的に免疫力を強化します。
そのため、習慣的にエキナセアを摂る必要はありません。

抗生物質に対して否定的である人が増えたことや、抗生物質に対する耐性菌が増えたことも、再びエキナセアに注目する大きな理由になっています。

エキナセアの効果

  • 風邪やインフルエンザの症状を軽減する。
  • 免疫機能を強化する。
  • 上気道感染などの炎症を軽減する。
  • 外傷の治癒を助ける。

エキナセアの用途や特記事項

  • 風邪以外にもインフルエンザ、尿路感染症、ヘルペス、敗血症、歯ぐきの病気、扁桃腺炎、連鎖球菌感染、梅毒、腸チフス、マラリア、ジフテリアに対して使用されます。
  • 感染症とは関係がない使用法として、慢性疲労症候群、リウマチ、偏頭痛、胃酸過多、めまい、注意欠陥多動性障害(ADHD)にも使用されます。
  • 皮膚のできもの、湿疹、乾癬、紫外線による皮膚傷害、単純ヘルペス、ハチによる刺し傷、痔にも使用されます。
    この場合、直接エキナセア抽出エキスを皮膚に塗ります。

エキナセアの副作用と安全性

  • 風邪をひいたときにエキナセアを短期間摂ることは、おそらくほとんどの人に安全です。
  • エキナセアの長期使用に関する安全性については、具体的に知られていません。
  • 1部の人において、嘔吐、胃痛、下痢、口の乾き、頭痛、舌のしびれ、めまい、不眠症などの副作用をおこす可能性があります。
  • エキナセアは子どもにも、おそらく安全です。
    しかし、研究では被験者となった子どもたちの7%がアレルギー性湿疹を起こしたというデータがあり、発疹をおこす可能性があります。
  • エキナセアはブタクサ、キク、マリーゴールド、ヒナギクにアレルギーを持っている人に対して、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。
    これらの植物にアレルギーがある場合は、必ず、エキナセアを摂る前に、医療従事者に問い合わせてください。
  • エキナセア抽出エキスを皮膚に塗ることは、痒み、皮膚の赤み、発疹を起こすことがあります。

エキナセアに関する特別な注意と警告

妊娠中や母乳哺育中

妊娠中や母乳哺育中に対するエキナセアの使用については、ほとんど知られていません。
大事をとり、使用しないでください。

多発性硬化症、狼そう(全身性エリテマトーデス)、関節リウマチ、尋常性天疱瘡、あるいは他の自己免疫疾患

エキナセアは免疫システムに影響をあたえるため、これらの症状を悪化させる可能性があります。
自己免疫疾患である場合は、エキナセアを摂らないでください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は、エキナセアにアレルギー反応を起こす可能性が通常よりも高いです。
エキナセアを利用しない方が賢明です。

エキナセアの服用量

以下の用量は、科学的に研究されています。

風邪やインフルエンザ

フリーズドライの標準化されたエキナセア抽出エキス100mgを1日3回。最高7日間摂ります。