ローヤルゼリーの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

ローヤルゼリーの効果・副作用・摂取量

ローヤルゼリーとは

ミツバチの巣箱から得られる代表的なものに、ローヤルゼリーとプロポリスがあります。
健康食品の代表のような存在として古くから利用されてきたこと、美肌になる効果があることなどの宣伝により、女性ならば一度ぐらいは聞いたことがあるものです。

ローヤルゼリーはミツバチによって作り出された牛乳のような分泌物で、別名を王乳ともいいます。
典型的なローヤルゼリーはおよそ60%から70%の水、12%から15%のタンパク質、10%から16%の糖分、3%から6%の脂質と2%から3%のビタミン、塩分とアミノ酸を含んでいます。

ローヤルゼリーもプロポリスと同じように古くから薬として利用されてきました。
現在では喘息、花粉症、肝臓病、膵臓炎、睡眠障害、月経前症候群、胃潰瘍、腎臓病そして皮膚疾患と高いコレステロール値を下げる効果があるとされており、一部の人々は実際に使っています。

薬として利用されてきたことはローヤルゼリーの一面といえますが、その活用法のほとんどが美容面での効果を期待したものになっています。
肌だけではなく老化全般を食い止める、いわゆるアンチエイジングとしてのローヤルゼリーは若干誇大表現になりがちだと思いますが、ビタミンとミネラルを多く含んでいること、アミノ酸をバランスよく含んでいることから栄養素としては大変優れたものであることは事実です。
これに加えて、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分も存在しており、女性ホルモンを分泌する効果もあるとされています。
しかし、ローヤルゼリーの効果は経験則を信じるしかないのが現状です。
現在のところ、極めてわずかしかロイヤルゼリーの効果についての科学的なインフォメーションがなく、今後の研究が待たれるところです。

ローヤルゼリーの注意点

まれにハチアレルギーの人がいます。
ハチアレルギーの人はハチミツのような食品を食べることができないのですが、ローヤルゼリーにも敏感に反応するようです。
ハチミツを食べて気分が悪くなるような場合は、ローヤルゼリーも避けたほうが賢明です。

ローヤルゼリーの効果

  • 美肌をつくる
  • おもに女性のアンチエイジングを促進する
  • 女性ホルモンの分泌を活性化する

ローヤルゼリーを利用するケース

美肌になりたい

「ローヤルゼリーを利用するようになって、一番変化したこと」でもっとも多いのが、肌がきれいになったことです。
多くの人が経験したものが必ずしも適用されるとは限りませんが、一定の効果はあるかもしれません。

アンチエイジングを促進したい

ローヤルゼリーにアンチエイジング効果があるとされていますが、はっきりとしたことはわかっていません。
ビタミンとミネラル、必須アミノ酸を含むことから優れたサプリメントになりえることは間違いないのですが、アンチエイジング効果が特別優れているかはわかっていません。
女性ホルモンの分泌を活性化する効果はアンチエイジングそのものですが、わかっていないことが多すぎてメカニズムも解明されていません。