コエンザイムQ10の効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

コエンザイムQ10の効果・副作用・摂取量

コエンザイムQ10の概要

コエンザイムQ10は体全体に存在し、特に心臓、肝臓、腎臓、膵臓に含まれているビタミンのような物質です。
コエンザイムQ10は、肉と魚介類から少量得られます。
また、コエンザイムQ10はラボラトリで作ることができ、薬としても使用されます。

多くの人々が、うっ血性心不全(CHF)、胸痛(アンギーナ)、高血圧、特定のがん治療薬に関連した心臓疾患のような心臓と血管の疾患を治療するためにコエンザイムQ10を使用します。

また、コエンザイムQ10は、糖尿病、歯ぐきの病気(服用または直接歯ぐきに塗る)、乳がん、ハンチントン病、パーキンソン病、筋ジストロフィー、運動耐性を増加するため、慢性疲労症候群、ライム病のために使用されます。

コエンザイムQ10が血液凝固を遅くするための薬であるワルファリン(クマジン)と関連する脱毛症を治療すると考える人もいます。

また、コエンザイムQ10は、エネルギーを増やすのに役立つと考えられます。
これはコエンザイムQ10が、アデノシン三リン酸という「エネルギーの転送における再充電可能なバッテリーのように機能する細胞内の分子」を作り出すことに関係する役割を持っているからです。

コエンザイムQ10は、ミトコンドリア障害におけるエネルギー生産を制限する遺伝性疾患や後天性障害を治療するために、そして運動パフォーマンスを改善するために使用されます。
また、エイズの人の免疫システムの強化、男性不妊症、片頭痛、「スタチン」といわれるコレステロールを下げる薬によって起こされる筋肉痛を軽減するためにも使用されます。

コエンザイムQ10は寿命をのばす目的で、試験されたこともあります。
コエンザイムQ10レベルは、生後20年間が最も高いことから、このアイデアが試験されました。
80歳までに、コエンザイムQ10レベルは、誕生時にあったレベルよりも少なくなります。
そこで、1部の研究者は、高齢期に高レベルのコエンザイムQ10を摂取することは、もっと寿命をのばすことが可能かもしれないと考えました。
残念ながら、このアイデアは、実験に使用したネズミで効果がなく、バクテリアでうまくいきました。
コエンザイムQ10が、寿命をのばす効果があるかどうかを見極めるために、さらに多くの研究が必要とされます。

体内のコエンザイムQ10の蓄えを減らすのは、単に時間の経過だけではありません。
喫煙も著しく、コエンザイムQ10レベルを低下させます。
うっ血性心不全、高血圧、歯周病、パーキンソン病、ある特定の筋肉の病気とエイズのような病気である人は、一般よりコエンザイムQ10レベルは低いかもしれません。

コエンザイムQ10は1957年に最初に確認されました。
「Q-10」とは物質の化学的組成を意味します。
近年、日本において、コエンザイムQ10は、心疾患、特にうっ血性心不全のために何百万という人々に使用されます。
また、コエンザイムQ10はヨーロッパとロシアの広範囲で使用されます。
そして、アメリカとカナダで使用されるコエンザイムQ10の大部分は日本の会社によって供給されます。
コエンザイムQ10は、酵母の特別な菌株により、ビートとサトウキビを発酵させることによって、生産されます。

コエンザイムQ10の効果

  • コエンザイムQ10は体の多くの器官の適切な機能と化学反応のために必要とされる重要なビタミンのような物質です。
    コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを与えるのを助けます。
  • コエンザイムQ10は、抗酸化物質としての働きがあります。
    他のビタミンなどと合わせて、フリーラジカルのダメージから細胞を保護します。

コエンザイムQ10の副作用と安全性

  • コエンザイムQ10は、服用した場合や直接歯茎に塗った場合、ほとんどの成人におそらく安全です。
  • ほとんどの人がコエンザイムQ10に問題がありませんが、まれに、コエンザイムQ10は胃失調、食欲不振、吐き気、嘔吐と下痢などの、軽い副作用を起こすことがあります。
  • コエンザイムQ10は、まれにアレルギー性皮膚発疹を引き起こすことがあります。
  • コエンザイムQ10は、血圧を下げるかもしれません。
    非常に低い血圧である場合は、慎重に血圧をチェックしてください。
  • 高用量のコエンザイムQ10を摂る代わりに、1日2回あるいは3回に分割することによって、副作用を和らげることができます。
  • コエンザイムQ10は子供に、おそらく安全です。 しかし、コエンザイムQ10は医療従事者の監督なしで使用するべきではありません。

コエンザイムQ10に関する特別な注意と警告

妊娠中や母乳哺育中

妊娠中と母乳哺育中におけるコエンザイムQ10の使用については、ほとんど知られていません。
大事をとり、使用しないでください。

高血圧や低血圧

コエンザイムQ10は血圧を下げるかもしれません。
コエンザイムQ10は、血圧を下げるために使用される薬の効果を、さらに引き上げることがあります。
血圧に問題がある場合は、コエンザイムQ10の使用について医療従事者に相談してください。

外科手術

コエンザイムQ10は外科手術の間と後に血圧コントロールを妨げるかもしれません。
予定された外科手術の少なくとも2週間前にコエンザイムQ10を使用するのをやめてください。

コエンザイムQ10の服用量

以下の用量は、科学的に研究されています。

  • 一般的なコエンザイムQ10不足のために:毎日150mg。
  • ミトコンドリア障害(ミトコンドリア脳筋症)のために:150mgから160mg。
  • 心臓麻痺後のケアのために:1日に100mgを2回から3回に分割。
  • 心筋梗塞をおこした患者の将来の心臓のリスクを軽減するために:2回に分割して毎日120mg。
  • 高血圧のために:1日に120mgから200mgを2回に分割。
  • 収縮期高血圧のために:1日に60mgを2回。
  • 片頭痛を防ぐために:毎日100mgを3回。
  • 男性の不妊症のために:1日に200mgから300mg。
  • 筋ジストロフィーのために:1日に100mg。