コエンザイムQ10の効果と働きについて

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

コエンザイムQ10の効果と働きについて

コエンザイムQ10とは

すっかりサプリメントの仲間として有名になったコエンザイムQ10は、ユビキノンという名称でも知られている抗酸化物質です。

コエンザイムQ10は補酵素Q10という名称でよばれることがあります。
補酵素とは体内でおこる様々な化学反応に必要な酵素の働きを助ける成分を指しています。

コエンザイムQ10は細胞内でエネルギーを生み出す化学反応の過程において、重要な役割を果たします。
コエンザイムQ10は体の器官の中でも特に、肝臓、腎臓、心臓のような高いエネルギーを必要とする器官に多く分布しています。
多くの医学研究は心臓細胞にコエンザイムQ10が多く含まれていることを示していますが、これは酸素の有効活用とエネルギー生産においてコエンザイムQ10が重要な役割を果たしていることを示すものです。

アデノシン三リン酸(ATP)という体を動かすために必要なエネルギーとなる物質は細胞内のミトコンドリアで作られますが、コエンザイムQ10はこのミトコンドリアに含まれ、アデノシン三リン酸の産出を助けています。
コエンザイムQ10が直接的にエネルギーになるということではありませんが、アデノシン三リン酸の産出を助けるということは間接的にエネルギー産出に関わっているということになります。

コエンザイムQ10自体が強力な抗酸化物質ですが、体内ではビタミンEとの関連性も注目すべき点です。
ビタミンEは体内の親油性の部分で働く抗酸化物質で、細胞壁と血中コレステロールを酸化から守っているビタミンです。
コエンザイムQ10とビタミンEが組み合わさることで、いっそう強力な抗酸化作用を示すことになりますが、一般的に抗酸化物質は単体よりも複数を組み合わせることで互いに補完し合う性質があります。
コエンザイムQ10とビタミンEの組み合わせはそのひとつの例です。

もともとコエンザイムQ10はユビキノンともいわれている心臓疾患の改善薬でしたが、エネルギー生産の過程で脂肪燃焼を促進する働きがあることからダイエットに活用されるようになりました。
ダイエットだけではなく、強力な抗酸化物質であることからアンチエイジングサプリメントとしても必要不可欠なものになっています。

他の栄養素にも共通することですが、体内のコエンザイムQ10は40歳あたりから急激に少なくなってきます。
アンチエイジングサプリメントとしての知名度が高まったことにより、化粧水などの化粧品にもコエンザイムQ10が配合されているようです。
ただし、内服ではなく外用した場合のコエンザイムQ10の効果は疑問視する向きがあります。

コエンザイムQ10の効果

  • アデノシン三リン酸の産出を助け、エネルギー生産を促進する
  • 抗酸化物質として働く

コエンザイムQ10を利用するケース

ダイエットしたい

細胞内のミトコンドリアではエネルギーの素であるアデノシン三リン酸の産出が行われていますが、この過程を助けているのがコエンザイムQ10です。
食事から得た栄養素が円滑にエネルギー化されない場合は脂肪として体内に蓄積することになりますので、この過程を助けるコエンザイムQ10がダイエット効果があるとされている理由です。

アンチエイジングのために使用したい

アンチエイジングサプリメントには数多くの抗酸化物質が含まれているのが一般的です。
このような抗酸化物質には必ずといっていいほどコエンザイムQ10が含まれています。