リンゴ酢の効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

リンゴ酢の効果・副作用・摂取量

リンゴ酢の概要

リンゴ酢は、潰したリンゴからできる発酵性物質です。
リンゴジュースのように、リンゴ酢は、少しのペクチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、葉酸、ビタミンCを含んでいます。
また、リンゴ酢はナトリウム、リン、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルをわずかに含んでいます。
またリンゴ酢は、たくさんの酢酸とクエン酸を含んでいます。

リンゴ酢は薬としても使用されます。
リンゴ酢は、単独の使用やハチミツと一緒の使用で、骨粗しょう症、体重減、こむらがえりと痛み、胃のむかつき、咽頭炎、副鼻腔炎、高血圧、関節炎、体から毒素を除去すること、思考を刺激すること、老化プロセスを遅らせること、血圧を調節すること、コレステロールを減らすこと、そして感染と戦うのを助けるために使用されます。

ニキビの治療、化粧水として、日焼けを和らげるために、帯状疱疹、虫さされ、フケが出るのをふせぐために、リンゴ酢を使用する人もいます。

食品の中にリンゴ酢は香料として、含まれている場合があります。
どのようなものがリンゴ酢の中に含まれているのかを知るのが、難しいことがあります。
購入したいくつかのリンゴ酢タブレットの実験室分析は、それらの製品が含んでいるものは多くのバリエーションを示しました。
酢酸の量がおよそ1%から10.57%まで及びました。
クエン酸の量が0%からおよそ18.5%まで及びました。
製品ラベルに記載された成分の量が実験結果と一致しないものさえ、ありました。
リンゴ酢がリンゴ酢と認められるために含まなくてはならない成分に関して、実質的定義がありません。
そのため、リンゴ酢とされている商品の内容は、ばらつきがあります。

リンゴ酢の効果

  • リンゴ酢は、酢酸、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素を含みます。
    リンゴ酢が、食物の消化器官からの吸収に変化を与えることによって、糖尿病の人に対して、より低い血糖値にする効果があるかもしれません。
  • リンゴ酢がいくつかの食物の破壊(栄養素の破壊)を防ぐかもしれません。

リンゴ酢の副作用と安全性

食物として利用する量の場合、リンゴ酢を摂取することは、おそらく安全です。
短期間に薬効を目的として使用する場合、リンゴ酢はほとんどの成人に、おそらく安全です。
場合によっては、多くのリンゴ酢を摂取することは安全ではないかもしれません。
長期的に1日に250mlのリンゴ酢を摂取した場合、低カリウム症のような問題をおこすかもしれません。
6年間毎日250ミリリットルのリンゴ酢を摂った後で、低カリウムレベルとなり、骨粗しょう症に発展した報告があります。

リンゴ酢に関する特別な注意と警告

妊娠と母乳哺育

妊娠中と母乳哺育中に対するリンゴ酢の使用については、ほとんど知られていません。
大事をとり、使用しないでください。

糖尿病

リンゴ酢が糖尿病の人の血糖値を下げるかもしれません。
そのため、血糖値をしっかりとチェックする必要があります。
糖尿病治療薬を使用している場合は、投薬量の調整が必要であるかもしれません。

リンゴ酢の服用量

リンゴ酢の適切な服用量は、利用者の年齢、健康状態のようないくつかの要因により異なります。
現在、リンゴ酢の適切な服用量の範囲を決定するための十分な科学的な情報がありません。
天然製品が常に必ず安全であるというわけではなく、そして服用量が重要であることを念頭においてください。
必ず該当する製品ラベルの指示に従って、もし可能ならば、使用する前に薬剤師あるいは医師あるいは他の健康管理専門家に相談してください。