オルニチンの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

オルニチンの効果・副作用・摂取量

オルニチンとは

 

同じアミノ酸であるアルギニンが代謝される際にオルニチンという別のアミノ酸が生成されます。
多くの研究結果では、オルニチンはアルギニンと共に作用することにより、インシュリンと成長ホルモンの分泌を高め、その結果として筋肉を作ることに役だっていることがわかっています。

筋肉はトレーニングにより作られるといいますが、もっと具体的に説明しますと、トレーニング終了後の睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで体は成長します。
トレーニングと同じくらい休息が大切であるのは、これが理由の一つです。

この成長ホルモンを効率的に分泌するためにはいくつかの栄養素を必要としていますが、アルギニンとオルニチンがその主要な栄養素となっています。
この理由により、筋肉増強剤としてアルギニンとオルニチンはボディビルダーやアスリートから注目されています。

アルギニンの代謝により生成されるのがオルニチンですから、アルギニンを十分に摂ることでオルニチンも摂ることができます。
しかし効率性の問題から、市販されているサプリメントはアルギニンとオルニチンを含んだものが数多く販売されています。

オルニチンとアルギニンを同量含んだサプリメントを使用して、五週間の筋力トレーニングを行った実験では、偽薬(プラシーボ)を使用した場合と比較して、より大きく脂肪分の低下と筋肉量の増加がみられました。

しかし、こうした研究実験では被験者となった個々の人間の資質も大きく影響しており、必ずしも誰しも効果があるとはいえません。
しかし、アルギニンとオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進すること、成長ホルモンが筋肉の修復と成長を促すことは事実であるため、スポーツサプリメントとして利用することがプラスであることは間違い無いと思います。

オルニチンの注目すべき効果の一つに肝臓保護作用があげられます。
過度な飲酒の結果として肝機能障害を招くことは広く知られていますが、オルニチンはこうした肝臓機能の低下を防ぐことも注目されています。
肝硬変と診断されて、その後の肝性脳症(脳異常)に苦しむ人々は、オルニチンアスパラギン酸塩を投与する治療によりよい結果となることが明らかにされています。

飲酒による体調不良、いわゆる二日酔いですが、オルニチンにより症状が軽減することがあります。
オルニチンはしじみなどの魚介類に多く含まれていますが、ほとんどのアミノ酸がそうであるように、卵、魚、乳製品、および肉類に含まれます。

オルニチンの効果

  • 成長ホルモン分泌を促進する
  • 肝機能保護効果
  • 二日酔いの症状軽減

オルニチンを利用するケース

筋力トレーニングを行なっている

オルニチンとアルギニンの組み合わせにより、成長ホルモン分泌が促進されることで筋肉の成長が期待できます。
成長ホルモンは脂肪を燃焼する効果もあるため、筋肉質な体を維持する効果も期待できます。

お酒をよく飲む

度を越した飲酒はもちろんですが、お酒を飲むことが習慣になっている人は肝臓を保護するためにオルニチンを利用できます。

二日酔いがきつい

二日酔いの朝にしじみを食べるといいといわれていますが、これはしじみに多く含まれているオルニチンの効果によるものです。
しじみを食べる代わりにオルニチンサプリメントを直接摂ることももちろん有効です。