アミノ酸の効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量

サプリメントの効果・副作用・摂取量について解説しています

MENU

アミノ酸の効果・副作用・摂取量

カルニチンの効果・副作用・摂取量

カルニチンとは カルニチンは脂肪を燃焼する働きがあるため、ダイエット効果を期待して利用されることが多いアミノ酸です。 カルニチンは体内で同じアミノ酸であるメチオニンとリジンから合成されます。 カルニチンは脂肪酸をエネルギー化する細胞内のミトコンド...

アルギニンの効果・副作用・摂取量

アルギニンとは アルギニンは免疫機能を刺激し、体の傷を治し、成長ホルモン、インシュリンおよびグルカゴンなどの様々なホルモンの分泌を促進し、体から有害なアンモニアを除去するなどのいくつかの体機能に関係しています。 体の成長を促進する効果があるアル...

オルニチンの効果・副作用・摂取量

オルニチンとは  同じアミノ酸であるアルギニンが代謝される際にオルニチンという別のアミノ酸が生成されます。 多くの研究結果では、オルニチンはアルギニンと共に作用することにより、インシュリンと成長ホルモンの分泌を高め、その結果として筋肉を作ることに...

BCAAの効果・副作用・摂取量

BCAAとは  BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、特に肉類、乳製品、豆類に含まれているアミノ酸です。 このアミノ酸は単一のアミノ酸ではなく、バリン、ロイシン、イソロイシンの三種類のアミノ酸から成り立っています。 BCAAは筋力トレーニングのためのサプリメントとし...

テアニンの効果・副作用・摂取量

テアニンとは テアニンは緑茶に含まれているアミノ酸で、アルツハイマーを防ぐこと、制癌剤の効果をたかめること、そしてリラックスすることや不安解消と高血圧を治療するために使います。 緑茶にはカテキンという抗酸化物質が含まれており、このカテキンの効果...

グルタミンの効果・副作用・摂取量

グルタミンとは グルタミンはアミノ酸の一種で、諸々の治療による副作用を軽減するために使われます。 例えば、下痢、粘膜炎の痛みと腫れ、神経痛と筋肉痛、制癌剤タキソールによって起こされた関節痛を含めてがん化学療法の副作用のために使われます。 そして、...

チロシンの効果・副作用・摂取量

チロシンとは チロシンはアミノ酸の一種です。 体内では同じアミノ酸であるフェニルアラニンから合成されます。 食品からですと、乳製品、肉、魚、卵、豆などから直接チロシンを摂ることもできます。 チロシンはフェニルケトン尿症といわれる遺伝性疾患を治療...

フェニルアラニンの効果・副作用・摂取量

フェニルアラニンの概要 フェニルアラニンは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で肉、魚、卵、乳製品に多く含まれています。 フェニルアラニンはL-フェニルアラニンとDL-フェニルアラニンの二種類が存在しています。 通常、フェニルアラニンといった場合はL-フ...

DL-フェニルアラニンの効果・副作用・摂取量

DL-フェニルアラニンの概要 DL-フェニルアラニンは、タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、いくつかあるフェニルアラニンの1つです。 フェニルアラニンには2つの種類があり、1つはD体(合成)、もう1つはL体(天然)です。 フェニルアラニンといった場合にはL体...

N-アセチルシステイン(NAC)の効果・副作用・摂取量

N-アセチルシステイン(NAC)の概要 N-アセチルシステイン(NAC)は、アミノ酸であるシステインから派生したシステインに類似のアミノ酸です。 N-アセチルシステイン(NAC)は非常に用途が多いアミノ酸で、医薬品として使用することもあれば、体内毒素を排出するデトック...

リジンの効果・副作用・摂取量

リジンの概要 リジンは、タンパク質を構成しているアミノ酸の一種です。 アミノ酸は大きく分けて二種類存在します。 ひとつは必須アミノ酸です。 もうひとつは非必須アミノ酸です。 よく誤解されるのですが、非必須アミノ酸とは「不必要なアミノ酸」ではありま...

5-HTPの効果・副作用・摂取量

5-HTPの概要 現在は数多くのサプリメントが商品化されており、自由にサプリメントを購入できるようになりました。 以前は、不足しないようにという目的でマルチビタミンなどのサプリメントを利用する人が多かったように思いますが、現在ではサプリメントの効果を積...